春の日の夕暮(春日傍晚)

春の日の夕暮 – 中原中也

トタンがセンベイ食べて
春の日の夕暮は穏かです
アンダースローされた灰が蒼ざめて
春の日の夕暮は静かです

吁(ああ)! 案山子(かかし)はないか――あるまい
馬嘶(いなな)くか――嘶きもしまい
ただただ月の光のヌメランとするままに
従順なのは 春の日の夕暮か

ポトホトと野の中に伽藍(がらん)は紅(あか)く
荷馬車の車輪 油を失い
私が歴史的現在に物を云(い)えば
嘲(あざけ)る嘲る 空と山とが

瓦が一枚 はぐれました
これから春の日の夕暮は
無言(むごん)ながら 前進します
自(みずか)らの 静脈管の中へです


春日傍晚

白铁皮吃着仙贝
春日的傍晚是平稳的
受到一记低手投球的灰变作青色
春日的傍晚是安静的

呜呼!没有案山子(稻草人)吗——或许没有
马嘶鸣吗——似乎也无嘶鸣
只有、只有月光持续滑腻灿烂
如此顺从 是因为春日的傍晚?

滴滴答答的野原里伽蓝(寺院)发红
运货马车的车轮 没了油
要我对过去进行着的事物说点什么
那是嘲讽、嘲讽 天空与山与…

瓦片一枚 已被揭下
此后春日的傍晚
在无言里前进
朝着自身的 静脉管之中

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>