Category Archives: 歌词

青森県北津軽郡東京村

青森県北津軽郡東京村 – 三上寛

 

青森県北津軽郡東京村じゃ
コカ・コーラのドブロク飲んだ
酔払い婆々がビルの墓場に火をつけて
ギャアー ギャアー わめいてた
ギャアー ギャアー わめいてた

青森県北津軽郡東京村じゃ
コンクリートの泥道が
地震で割れて地割れして
死人でできた小ちゃな土地に
銀行ローンで家建てた
銀行ローンで家建てた

青森県北津軽郡東京村じゃ
つけまつげしたタヌキやキツネが ニワトリ盗みに
赤い爪をひからして
よだれたらして 地ベタにはいずり
夜のくるのを待っていたさ
夜のくるのを待っていたさ

青森県北津軽郡東京村じゃ
頭割られたお地蔵様が 札タバかぞえ
夜の酒場でヒーッヒーッ
連れ込み旅館でヒーッヒーッ
随喜の涙を流していたさ
随喜の涙を流していたさ

アーッ アーッ アーッ アーッ
アーッ アーッ アーッ アーッ・・・・・・


 

青森县北津郡东京村
喝着可口可乐的浊酒
醉醺醺的老太婆
纵火烧起高楼的墓地
嘎—— 嘎——地嚷着
嘎—— 嘎——地嚷着

青森县北津郡东京村
混凝土的泥道
被地震碎成一块块
死了人的小小土地上
用银行贷款建了家
用银行贷款建了家

青森县北津郡东京村
戴着假睫毛的狸猫和狐狸在偷鸡
擦亮红色的爪子
垂着口水 匍匐在地上
等待夜幕降临
等待夜幕降临

青森县北津郡东京村
头被打碎了的地藏菩萨 数着钞票
在夜晚的酒场嘻嘻笑
在爱情旅馆里嘻嘻笑
随喜的眼泪流淌着
随喜的眼泪流淌着

 

歌词来源(及三上宽歌评

夕焼けの記憶から(1977)/三上寛・青森ライヴ- Track 6

 

十人の女学生

十人の女学生

詞:吉岡治
曲:小室等
編曲:高中正義
原唱:野坂昭如

十人の女学生
すかんぽ土手で
行商人に抱きつかれ
一人の娘は逃げ遅れ
そこで九人になりました。

九人の女学生
旱(ひでり)の夏に
女衒にしかと手を引かれ
一人の娘はお女郎屋へ
そこで八人になりました

八人の女学生
一家で飢えて
盗んだ芋は一切れで
一人の娘は村八分
そこで七人になりました

七人の女学生
狐が憑いて
祈祷師読んで護摩たいて
一人の娘はいぶれ死に
そこで六人になりました

六人の女学生
祭りの晩に
たらい廻しにあそばれて
一人の娘は気がふれて
そこで五人になりました

五人の女学生
あんにゃさ惚れて
手に手をとってせぎの中
一人の娘は心中して
そこで四人になりました

四人の女学生
ママハハ鬼で
朝に夕べに苛びられて
一人の娘は家出して
そこで三人になりました

三人の女学生
鼻たけもちで
巡査に火つけ見つかって
一人の娘はかんべつしょ
そこで二人になりました

二人の女学生
天然痘で
じゃんかの次は目がつぶれ
一人の娘は瞽女になり
そこで一人になりました

十人の女学生
とうとう一人
理由もなしに樫の木に
一人の娘は首つって
そこで誰ぁれもいなくなった


十个女学生
堤边摘酸模(*1)
被小贩紧紧抱住
一个女孩来不及逃走
于是剩下九人

九个女学生
在干旱的夏天
被女衒(*2)死死缠上
一个女孩去了女郎屋(*3)
于是剩下八人

八个女学生
全家闹饥荒
偷了一小片山芋
一个女孩被村八分(*4)
于是剩下七人

七个女学生
被狐狸附身
祈祷师吟诵着烧起護摩(*5)
一个女孩被烟熏死
于是剩下六人

六个女学生
在祭典的夜晚
玩蹬盆(*6)
一个女孩疯疯癫癫
于是剩下五人

五个女学生
被大哥恋上
手握着手在河川中
一个女孩殉情自杀
于是剩下四人

四个女学生
父母是恶鬼
从早到晚被虐待
一个女孩离家出走
于是剩下三人

三个女学生
患有花粉症
纵火时被巡查发现
一个女孩进了管教所
于是剩下两人

两个女学生
得了天花病
麻斑之后眼睛也烂了
一个女孩成了盲女
于是剩下一人

十个女学生
终于剩一人
也没有理由
一个女孩在橡树边上吊
于是谁也不在了

*1,酸模:野菠菜
*2,女衒:(江户时代的称呼)掮客
*3,女郎屋:(江户时代的称呼)妓院
*4,村八分:(江户时代)村民对违反村规的人家实行的断绝往来的制裁。
*5,护摩:homa),又作护魔、户摩、呼魔、呼么等,意义是将供物投入火中供养。
*6,盥回し:蹬盆,明治、大正时代盛行的一种曲艺,用脚转动盆的杂技。

 

3921621280197656_2分裂唄草紙 – track 04

大挽歌

詞:能吉利人
曲:桜井順
歌:野坂昭如

ねむれ ねむれ 少女
雪のなかに

ねむれ ねむれ 少女
春はまだ

おまえの残した ハイミナール
おまえの残した 手紙

おまえの言葉の やさしさが
ぼくを 苦しめる

ねむれ ねむれ 少女
雪のなかに

ねむれ ねむれ 少女
春はまだ

おまえの愛した デモクラシー
おまえの愛した すみれ

おまえの匂いの やさしさが
ぼくを 苦しめる

ねむれ ねむれ 少女
雪のなかに

ねむれ ねむれ 少女
春はまだ

おまえを殺した 子守歌
おまえを殺した 平和

おまえの寝顔の やさしさが
ぼくを 苦しめる

—————————————————————-

沉睡的少女
在雪之中
沉睡的少女
春还未来临

你留下的安眠酮(注)
你留下的手书
你话语的温柔
令我痛苦

沉睡的少女
在雪之中
沉睡的少女
春还未来临

你所爱着的民主
你所爱着的堇花
你气息的温柔
令我痛苦

沉睡的少女
在雪之中
沉睡的少女
春还未来临

把你杀害的摇篮曲
把你杀害的和平
你温柔的睡颜
令我痛苦

注:昭和35年(1960年)间,世间流行滥用抗不安药与安眠药,安眠药安眠酮(Hyminal )与抗不安药眠尔通(Meprobamate)成为这个时代的征象。资料来源: 抗不安薬・睡眠薬と1960年代
另,川端康成的《睡美人》,因安眠酮中毒而写。


野坂歌大全I~桜井順を唄う – Track 10

九段の桜

詞:能吉利人
曲:桜井順
歌:野坂昭如

一段のぼって 国のため
二段のぼって 君のため
三段のぼって 村のため
四段のぼって 家のため
五段のぼって 旗の波
六段のぼって あの息子
七段のぼって 母は来た
八段のぼって なに見えた
なに見えた
九段の桜は 散りました
靖国神社 カラッポ
靖国神社 カラッポ
ポポポッポ 鳩ぽっぽ
ポポポッポ 鳩ぽっぽ

—————————————————————-

一段凋零 是为了国家
二段凋零 是为了君主
三段凋零 是为了村子
四段凋零 是为了家庭
五段凋零 是旗的波澜
六段凋零 是那个孩子
七段凋零 是母亲来了
八段凋零 又看见了什么
看见了什么
九段的樱花凋零了
靖国神社 空空如也
靖国神社 空空如也
啵啵啵啵 鸠鸟啵啵
啵啵啵啵 鸠鸟啵啵

注释:

靖国神社坐落于九段坂,“九段坂是指从地铁九段下站沿着内堀大街,找到左手边的武道馆,向着靖国神社方面延伸的缓上坡。据说过去曾被称作“饭田坂”和“饭田町坂”。“九段”的由来有很多说法,有的说是宝永年间,沿着这个斜坡建成了构造为九段的长屋,将江户城花圃的看门人安置在此;有的说是陡坡有九段等。
过去坡顶适于远眺,可以看到神田、日本桥、浅草、本所、甚至是筑波山以及房州的群山。因此,适于远眺的坡顶上,建筑于靖国神社对面的高灯笼(常灯明台)成为品川湾上往来船只的标识。”(资料来源:Go Tokyo

令,《九段櫻》原是本宫三香写的一首汉诗,歌颂安眠在靖国神社的士兵们“香云深处祭英魂”。此人是个军人,参加过日俄战争,昭和29年77岁才死,这首诗似乎也是与靖国神社有关的名诗。(资料来源:関西吟詩文化協会)极端厌恶战争的野坂昭如反其道讽刺之。


野坂歌大全I~桜井順を唄う – Track 23

野坂唄之新古今集~夏「蛍」

詞:能吉利人
曲:桜井順
歌:野坂昭如

ぼうぼう 野っぱらに
おしゃかさま なんにん (お釈迦様 何人)
ぼうぼう 野っぱらに
電信 ばしら なんぼん (電信柱 何本)
ぼうぼう 野っぱらに
日が落ちる

水を探して 草の中
天の蛍 地の蛍

てんてん ちちち
てんてん ちちち

手の中に 消えた
あついあつい 夏の日
つめたいつめたい 蛍

ぼうぼう 野っぱらに
焼けた瓦 なんまい (何枚)
ぼうぼう 野っぱらに
白いいきもの なんまい (何枚)
ぼうぼう 野っぱらに
風がはしる

水をさがして 草のなか
天の蛍 地の蛍

—————————————————————-

(杂草)丛生的野原上
地藏菩萨 几人
(杂草)丛生的野原上
电线柱 几根
(杂草)丛生的野原上
太阳落了下去

在草中寻找水的是
天之萤 地之萤

てんてん ちちち
てんてん ちちち

消失在手中
炎热的炎热的 夏日
冰冷的冰冷的 萤光

(杂草)丛生的野原上
烧焦的瓦片 几枚
(杂草)丛生的野原上
白色的生物 几枚
(杂草)丛生的野原上
风在驰走

在草中寻找水源的
天之萤 地之萤


野坂歌大全I~桜井順を唄う – Track 17