Tag Archives: 三上寛

青森県北津軽郡東京村

青森県北津軽郡東京村 – 三上寛

 

青森県北津軽郡東京村じゃ
コカ・コーラのドブロク飲んだ
酔払い婆々がビルの墓場に火をつけて
ギャアー ギャアー わめいてた
ギャアー ギャアー わめいてた

青森県北津軽郡東京村じゃ
コンクリートの泥道が
地震で割れて地割れして
死人でできた小ちゃな土地に
銀行ローンで家建てた
銀行ローンで家建てた

青森県北津軽郡東京村じゃ
つけまつげしたタヌキやキツネが ニワトリ盗みに
赤い爪をひからして
よだれたらして 地ベタにはいずり
夜のくるのを待っていたさ
夜のくるのを待っていたさ

青森県北津軽郡東京村じゃ
頭割られたお地蔵様が 札タバかぞえ
夜の酒場でヒーッヒーッ
連れ込み旅館でヒーッヒーッ
随喜の涙を流していたさ
随喜の涙を流していたさ

アーッ アーッ アーッ アーッ
アーッ アーッ アーッ アーッ・・・・・・


 

青森县北津郡东京村
喝着可口可乐的浊酒
醉醺醺的老太婆
纵火烧起高楼的墓地
嘎—— 嘎——地嚷着
嘎—— 嘎——地嚷着

青森县北津郡东京村
混凝土的泥道
被地震碎成一块块
死了人的小小土地上
用银行贷款建了家
用银行贷款建了家

青森县北津郡东京村
戴着假睫毛的狸猫和狐狸在偷鸡
擦亮红色的爪子
垂着口水 匍匐在地上
等待夜幕降临
等待夜幕降临

青森县北津郡东京村
头被打碎了的地藏菩萨 数着钞票
在夜晚的酒场嘻嘻笑
在爱情旅馆里嘻嘻笑
随喜的眼泪流淌着
随喜的眼泪流淌着

 

歌词来源(及三上宽歌评

夕焼けの記憶から(1977)/三上寛・青森ライヴ- Track 6

 

ピストル魔の少年(枪杀魔的少年)

ピストル魔の少年 – 三上寛

「殺人や暴行が犯罪だってのは、ありゃ体制の冗談だ
永山則夫はもしかしたら、冗談を言っていたのに違いない」

ピストル魔の少年よ、ぼくの友達よ
誰があんなに君を悲しくさせてしまったのか
誰があんなに君を淋しくさせてしまったのか
引き金を引く時に、涙が出たか
赤い血を見た時に、おふくろ思ったか
ピストル魔の少年よ、ぼくの友達よ
ぼくも君と同じ青森、同じ夢を見た
見えない故郷は東京にあったか
アメリカ製のハンカチか、新宿のジャズ喫茶か
ピストル魔の少年よ、ぼくの友達よ
誰がこんなに君を苦しめ、君を追い込んだ
誰がこんなに君を苦しめ、君を追い込んだ

—————————————————————-

「杀人或者施暴是犯罪,那是体制的笑话
永山则夫*或许是开玩笑说的这句话,并没有错」

枪杀魔的少年哟 你是我的朋友
是谁让你那么悲伤呢
是谁让你那么的寂寞呢?
扣动扳机时,你流泪了吗
看见鲜红的血时,你想到母亲了吗

枪杀魔的少年哟 你是我的朋友
我和你一样是青森人*,梦想着同样的事情
见不到的故乡,会不会在东京呢?
那是美国制的手帕吗,是新宿的爵士咖啡厅*吗?

枪杀魔的少年哟,你是我的朋友
是谁让你那么的痛苦、把你追入绝境?
是谁让你那么的痛苦、把你追入绝境?

注:
*永山则夫:百度百科页面。1968年(19岁)日本连续枪杀案凶手,在狱中成为著名作家。
*其母是青森人。
*当时永山则夫打工的咖啡厅。当时北野武也作为早班男服务员在此打工,永山则夫为晚班。

三上寛の世界 – track 7

小便だらけの湖(小便满满的湖)

小便だらけの湖 – 三上寛

夕日を見ると さみしくなるから
星を見ると 涙が出るから

小便だらけの湖に
あなたと二人で 飛び込んで
うたう唄は さすらい色歌
踊るダンスは 盆踊り

だから だから
なんでもいいから ぶち壊せ
なんでもいいから さらけだせ

汽笛を聞くと 思い出すから
写真を見ると 帰りたくなるから

真っ赤に 染また サルマタに
優しい花をささえよ
そして語ろう どぶろく小話
流す涙も血の涙

だから だから
なんでもいいから ぶち壊せ
なんでもいいから さらけだせ

街へ出ると 悔しくなるから
風が拭くと 思いだすから

人間だらけの東京に
うらみの花を咲かせよう
そして走ろう地獄の果てまで
この次生まれりゃ神様だ

だから だから
なんでもいいからぶち壊せ
なんでもいいからさらけだせ

—————————————————————-

看到夕阳时 就变得寂寞
看到星星时 就流下眼泪
我与你两个人 跳入
小便满满的湖水
唱的歌是 流浪汉之歌
跳的舞是 盂兰盆舞

所以啊 所以啊
什么都好 砸烂它吧
什么都好 让它暴露吧

听见汽笛时 就想起往事
看见照片时 就想要回家
染上鲜红的平角裤上
我支撑着温柔的小花
然后说说 浊酒边的小话
流出的眼泪也是血泪

所以啊 所以啊
什么都好 砸烂它吧
什么都好 让它暴露吧

走上街头时 便充满悔恨
有风拂面时 便想起往事
满是人类的东京
让仇恨的花朵开放吧
然后跑起来 直到地狱尽头
下次重生时 我就是神

所以啊 所以啊
所以啊 所以啊
什么都好 砸烂它吧
什么都好 让它暴露吧

听译 from youtube 1976年  青森ライブ

PS,找不到歌词,听译有点问题,不过他自己唱歌也乱改歌词……这歌好像曾经被列入日本战后放送禁止歌的名单里。歌词并不脏,什么都好砸烂它吧这种程度的,也不至于被禁,说白了还是因为涉及到了战争以及对战后日本的不满吧。鲜红的内裤是日本国旗,不如说昭和歌谣里日本国旗的意象也太他妈多了。其他的意象也不表了。以后有机会做个昭和歌谣里对日本国旗意象的整理,肯定很有意思。

三上寛の世界 – track 10